論理力を鍛える|得意分野を伸ばすなら興学社高等学院に!特性を引き延ばして自信構築
婦人

得意分野を伸ばすなら興学社高等学院に!特性を引き延ばして自信構築

論理力を鍛える

勉強道具

「小論文は、学校の作文と同じようなものだから、文章力があれば大丈夫。」と油断していませんか。確かに、文章を書くだけの試験ですが、試験官は論理的な思考を有しているのかをチェックします。勿論、文章作成能力があるかどうかも見極めます。大学では、学科によってはレポートをたくさん提出する機会が多くなります。調査研究している分野で、ちゃんと他の学生や教授にわかりやすい文章で説明ができているのかを見極めるために、小論文の試験を設けているのです。要するに、論理展開ができるかどうかを見定められるのです。無事に、推薦入試での小論文試験をパスしたいのであれば、添削の方法を把握しておくのがおすすめです。添削方法を把握しておけば、合格率も高められるのは確かです。大学でのレポート作成にも役立つので、今のうちに身につけておけば、大学生活でも困りにくくなります。

小論文の添削方法としては、文章の誤字脱字が存在しているかは勿論ですが、文章校正の基本である起承転結に当てはまっているかをチェックしましょう。文章が誤字だらけだと、何を伝えたいのかが見えてきにくくなります。起承転結から完全に逸脱していると、結果的に何を伝えたいのかが見えてこなくなります。また、ストーリー性がちゃんとあるかどうかを添削で見極めるのも重要です。あくまで、試験官に見せるための文を作るのが目的ですが、いかにして試験官を惹きつけるかがカギとなります。起承転結、誤字脱字、ストーリー性がちゃんとあるかを自身で添削した後は、担任の先生や塾の講師にもチェックしてもらうのも重要です。